Windows NT 4.0 Workstation

 Windows NT 4.0 Workstation


接続設定の前の準備

  1. デスクトップ上の 『マイコンピュータ』 から 『コントロールパネル』 → 『ネットワーク』 の順に開きます。

      

  2. 『サービス』 タブに切り替え、 『リモートアクセスサービス』 を選択して 『プロパティ』 ボタンを押してください。 『リモートアクセスサービス』 ない場合は、先に 『追加』 ボタンを押して追加作業を行ってください。 (Windows NT の CD-ROM が必要になる場合がありますのでお手元にご用意ください)

  3. お使いのモデムが一覧に存在することを確認します。ない場合は 『追加』 ボタンを押して追加作業を行ってください。

  4. 『構成』 ボタンを押して 『ダイヤルアウトのみ』 にチェックを入れます。 完了したら 『OK』 を押してください。

  5. 『リモートアクセスセットアップ』 の画面に戻りますので、 『ネットワーク』 ボタンを押して 『TCP/IP』 にのみチェックを入れます。 完了したら 『OK』 を押してください。


新規接続設定の追加

  1. デスクトップ上の 『マイコンピュータ』 から 『ダイヤルアップネットワーク』 の順に開きます。 (『ダイヤルアップネットワーク』 がインストールされていない旨が表示される場合は、画面の指示に従って インストールを行ってください)

     

  2. 初めての設定の場合は、以下のような画面が出ます。 『OK』 を押して進んでください。 (この画面が出ないときは、 『新規』 ボタンを押して 4 の手順まで進んでください)

  3. 電話帳のエントリ名として 『e-革命』 と入力します。 『電話帳エントリについてはよく知っているので、プロパティを直接編集したい』 にチェックを入れ、 『完了』 ボタンを押します。

  4. 『基本』 タブで以下のように設定します。

    エントリ名e-革命
    コメント(空欄のまま)
    電話番号お近くのアクセスポイントの電話番号
    テレフォニーダイヤルのプロパティを使うチェックを外す
    ダイヤル方法お使いのモデムを選択
    ビジー状態のときは別のポートを使うチェックを外す

  5. 『サーバー』 タブに切り替え、以下のように設定します。

    ダイヤルアップサーバーの種類PPP: Windows NT, Windows 95 Plus, インターネット
    TCP/IPチェックを入れる
    IPX/SPX互換チェックを外す
    NetBEUIチェックを外す
    ソフトウェアによる圧縮を行うチェックを外す
    PPP LCP拡張を使うチェックを外す

  6. 『TCP/IPの設定』 ボタンを押し、以下のように設定します。 設定が済んだら 『OK』 を押して閉じてください。

    サーバーが割り当てたIPアドレスチェックを入れる
    IPヘッダー圧縮を使うチェックを外す
    リモートネットワーク上のデフォルトゲートウェイを使うチェックを外す

  7. 『スクリプト』 タブに切り替え、 『なし』 にチェックを入れます。

  8. 『セキュリティ』 タブに切り替え、 『クリアテキストを含む任意の認証を受け付ける』 にチェックを入れます。

  9. 『X25』 タブに切り替え、以下のように設定します。

    ネットワークなし
    アドレス(空欄のまま)
    ユーザーデータ(空欄のまま)
    機能(空欄のまま)

  10. 『OK』 ボタンを押して閉じます。

  11. 以上で設定は完了です。一旦 『閉じる』 を押して画面を閉じてください。

詳細設定の確認 へ進んでください。


Copyright (c) 2022 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.