設定マニュアル

Winbiff

Winbiff

新規設定の場合

  1. はじめてWinbiffを起動すると環境設定ウィザードが開きます。設定を開始するには「次へ」をクリックします。

  2. 受信する方式を「POP3」にします。

  3. サーバー名を以下のように設定します。
    • POP3サーバ: pop.members.interq.or.jp
    • SMTPサーバ: smtp.members.interq.or.jp

  4. ユーザ名にお客様のPOPアカウント(me******)を入力します。

  5. メールアドレスとお客様のお名前を入力します。例が表示されておりますのでご参考にして入力して下さい。

  6. 「データを保存するディレクトリ」の指定は表示されているものをおすすめします。

  7. ネットワークの接続方法>は「ダイヤルアップ接続」を選択して、使用するダイヤルアップ接続では 「interQ」(この名前はお客様の環境によっては異なります)のダイヤルアップに設定してください。

  8. 「サーバーにメールを残さない」をおすすめします。

  9. お客様自身が分かりやすいアカウント名(名称)を入力してください。
    (このとき、Winbiffには「pop.members.interq.or.jp」と表示されていますが、 名称に「.(ピリオド)」を使用すると「登録できません。」というエラーが出てしまいますので、 「interQ」という一番分かりやすい名前をおすすめします。)

  10. 「完了」をクリックします。


詳細設定を行います。

  1. 「ネットワーク」をクリックして「環境設定」を選択します。

  2. 変更するアカウントを選択し、「プロパティ(P)」ボタンを押します。

  3. 「送信」を開き、以下のように設定し「OK」ボタンを押して、アカウントの設定を終了します。
    • SMTPサーバー名: smtp.members.interq.or.jp
    • ポート番号: 587
    • メールの送信で認証を用いる: チェックします。
    • ユーザー名: (省略)


既存の設定に追加する場合

  1. 「ネットワーク」をクリックして「環境設定」を選択します。

  2. 環境設定ウィンドウが開きましたら「追加」をクリックしてください。 「環境設定ウィザード」が開きますので、こちら(新規の項)をご参考ください。


基本的な使い方

  1. パスワードを入力し、インターネットに接続してメール確認をします。

  2. 「よむ?」をクリックするとウィンドウが開きメールを読むことができます。 「かくの?」をクリックするとメールを書くことが出来ます。 見た目にもわかりやすいシンプルな仕様になっています。
    (Winbiffは個人使用においてのセキュリティを考慮し、 初期設定では一度オンライン(接続が成功)にしないと既存のメールでも読むことができない仕様になっています。 パスワードを認証した後、設定で「オフラインを許可する(一度接続しなくても読めるというモード)」にすれば いつでも読むことができるようになります。)

  3. メールを書いて送るには、正しい宛先を入力する必要があります。 半角英数小文字で入力して下さい。 少しでも宛先を間違えると違う人に届いてしまったり、宛先不明で戻って来てしまいます。
    書き終わりましたら「POST」をクリックして送信です。




 
Copyright (C)2022 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.